全銀協ってなんだろう?

全銀協とは

全銀協とは、正式名称を「全国銀行協会」と言う名称の団体です。日本国内に拠点を構える金融機関が所属する組織として発足して以来、銀行業界の健全な発展と、日本経済の成長に貢献することを目的として全国的なレベルで金融関連の活動を行っています。現在は日本の国内にある民間銀行のうち、その大半が加盟しています。

全銀協は、特に銀行の安定した経営のために、銀行間の取引に欠かせない「決済システム」の運営をはじめとして、多くの顧客に安心して銀行を利用してもらえるよう全国規模のサービスを展開しています。もちろん全銀協と言うぐらいですから、国内にある銀行間の取引の安定化や、預金者のための普及活動や個人情報に関する保護活動を行っているのが、全銀協の主な役割です。もちろん金融業界全体のコンプライアンス意識の徹底など、銀行業界全体の注意喚起も図っている組織です。

私たちの生活に全銀協が一番関わっているのが、決済システムです。私たちは他の銀行口座にお金を振り込んだり、提携しているATMからお金を引き出したりしますが、この時に銀行間をまたがる取引が行われても、全国共通の決済システムを運営している全銀協が銀行間の取引をしっかりと把握し確実に取引を成立させてくれるのです。その他全銀協では個人単位の金融取引情報(別の名を個人信用情報)を管理し、金融機関に提供する役割を担っています。私たちが何気なく扱っているお金でも、それを把握しつかさどっているのも全銀協なのです。

Copyright © 2013 全銀協ってなんだろう? All Rights Reserved.
Template Design by AZ store

案内

AZ store